Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
「カンタン!かわいい!女子Webデザインのレシピ」がちょっと気になる
女子Webデザインのレシピ

女子Webデザインのレシピ―カンタン!かわいい! Mac&Win対応/Illustrator&Photosh

今回は、読んだ本の紹介では無く
今、気になっている本の紹介です。

本日発売のこの本、前々からちょっと気になっていたんですよね
と言うのも私がデザインする上で一番苦手とするジャンルがこの
女子(ギャル)デザインなんですよね。

以前仕事でクライアントから雑誌「ニコラ」や「小悪魔 ageha (アゲハ)」みたいな
感じでと要望されてかなり悩んだ事がありました。

校正も
「あっさりしすぎてる」
「もっとゴテゴテ盛っちゃって」
「もっとラインストーンちりばめて」
といった感じでかなり入りました。

その時は、見よう見まねで何とかしましたけど
私的には「ちょっとクドすぎないかい?」ってな感じで
結局女子(ギャル)にとってのデザインは、どこが「ツボ」なのかは
突き止めきれませんでした。

この本では目次を見る限り、その辺のヒントが書かれている予感がするので
書店で内容確認して良さそうだったら購入しようかなと思ってます。

※追記(2009/11/09)
昨日、書店を訪れたらこの本が置いてあり内容を確認した結果
う〜んちょっと・・・イマイチでした。
イラレやPhotoshopを使用した可愛らしいパターン素材等の作り方や
写真の加工方法がメインとなっているのですが
かなり内容が浅いです。
この内容だったら
女性誌やデザインサンプル集を見た方がまだ参考になりますね。

| 金太郎 | 13:20 | comments(0) | - | pookmark |
奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。を読んで
 奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。

奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。


中小企業での商品開発・人材育成の良いヒントになる本

最近プログラミングやデザインなど技術書系の本ばかり読みあさっていたので
久しぶりですねビジネス書の購入は。

タイトルちょっと長いですけど、内容は堅苦しくなくサラッと読める感じ
ビジネス書にありがちな
「これをやれば私のように成功する!」「これはダメ!!私のようになれない」みたいな
押しつけがましい暑苦しさはあまり感じません。
著者が富士通を退社して、実家の中川正七商店で新たなブランド「粋更」を
立ち上げるまでの組織改革からブランド構築(ブランディング)の過程が、
淡々と、しかし情熱は熱く書かれています。
ハウツー本というよりは体験記といった感じです。

「粋更」のブランディングを行う際、著者の中川 淳さんは
自社のデザイナーだけではなく社外の様々なデザイナーに積極的にアプローチ
しています。このあたりは、私はデザイナーなので逆の立場から
「なるほど、クライアントはこういうことを求めているのか」と参考になりました。
また私もいつかはオリジナルデザインの商品を何か企画したいと思っているので
その時には、事例・道しるべとして参考になりそうです。

著者と私が同じ歳ということもあり他の年代より感覚が近いせいもあるのか
言い回しや表現などで「ん?」と引っかかることもなかったのがまた
読みやすさの一因だったのかもしれません。

| 金太郎 | 17:04 | comments(0) | - | pookmark |
基礎からしっかりわかるActionScript3.0を読んで
 基礎からActionScript3.0表紙

基本からしっかりわかるActionScript 3.0 (Web Designing BOOKS)

見た目可愛さとは裏腹に意外に不親切
ActionScript2.0がある程度出来る人へ向けた
AS3本といった感じ


以前手っ取り早くFlashサイト作りの知識を習得しようと思い
Flashデザインラボ -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック (Design Lab+ 1-2)
を購入して失敗してしまったことを教訓に
急がば回れやはり基礎からコツコツと学んでいこうと思い

ActionScript 3.0 プログラミング入門 - for Adobe Flash CS3に続く入門本として
こちらの本を購入したのですが、また失敗しちゃった感じです。
Flashは、出来る事が幅広いので自分の望み通りの書籍を探すのは
大変ですね、ネットで買うよりもやはり書店で内容確認してから買う方が
無駄金使わなくていいかもしれません。

私がこの本を購入しようと思ったポイントとして
本書内の「作ってみよう!」という項目がプログラムを実際に
Flashサイトに組み込んでいく際にヒントになるんじゃないかという
思惑があったのですが、初歩的すぎてあまり参考になりませんでした。

また初歩的な内容だから初心者には、分かりやすい内容なのかというと
そいういう訳でもなく、コード部分の解説はそっけなく
初めてAS3に触れる初心者には、この本だけで理解するには少々厳しいと感じました。

分かり易さ解説の上手さは、
ActionScript 3.0 プログラミング入門 - for Adobe Flash CS3の方が上ですね。

たとえば、Timerクラスの解説部分を見てみると
ActionScript 3.0 プログラミング入門 - for Adobe Flash CS3の方は、
サンプルコードのポイントとなる行ごとに注釈で解説がされていて
「今なにをしているのか(書いているのか)」ということが初心者でも
非常にわかりやすい構成になっています。
ActionScript3.0プログラミング入門中面

一方
基本からしっかりわかるActionScript 3.0 (Web Designing BOOKS)の方は
初めに基本構文の紹介、その後詳しい説明無しのサンプルコードの紹介と
解説書というよりはリファレンス的な作りになっていて、
ある程度ASに馴染みのある人が、構文の確認として読むにはいいかもしれないが
まったくの初心者には、少々不親切な解説方法となっています。
オンラインリファレンスとあまり変わらないじゃん!って感じ
基礎からActionScript3.0中面

CS4より追加された3D機能以外は、
ほとんどの内容がActionScript 3.0 プログラミング入門 - for Adobe Flash CS3
網羅されているので私的には、あまり用を足さなかった本ですが
AS1・AS2をある程度理解していてこれからAS3に移行していこうという方には、
参考になる本かもしれません。

それにしてもFlash本って当たり外れ激しいな〜
私としては、実用レベルのAS3とモーションを程よく組み合わせたフルFlashでの
サイト制作の解説本みたいな物が欲しいんですけど現状では、
一つのサイトを作っていきながら解説していく感じの本になると
とたんに内容が稚拙になり、書かれているコードはAS2といった感じで絶望的なんですよね。

しばらくは、独自にコツつかんでいくしかなさそうです。

| 金太郎 | 13:30 | comments(0) | - | pookmark |
CSSクリエイティブデザイン・デザインを購入
 cssクリエイティブデザイン
ワンランク上を目指す CSSクリエイティブ・デザイン


内容も紙面構成も非常にセンスの良さを感じさせる良書です

世間ではもっぱらHTML5の話題で持ちきりで
今ごろXHTML+CSSの本を買うのも何だかな〜と思ったりもしたのですが
HTML5の正式な勧告は来年9月頃になるとのことだからまだ日もあるし
今までDreamweaverで作る
〜的な本は購入したけど
XHTML+CSSに特化したものは読んだ事が無かったので
ここらでしっかり基礎固めしておこうか、という思いでこちらの本を購入しました。
HTML5についての情報を見てみても
テーブルレイアウトからXHTML+CSSレイアウトへ移行した時のように
まったく別物になるわけではなさそうですしね。

この手のデザイン重視の本では、
「ビジュアルは良いけどコーディング等技術的な部分が使い物にならない」
「内容がスカスカ」
といった事がよくあるのですが、この本は違います。

実際に公開されているサイトを事例に解説されているので、
即実践で活かせる濃い内容だし、また事例サイトがセンスがイイ。


cssクリエイティブデザイン中面

特に技術評論社のオフィシャルサイト「gihyo.jp」を例にしたCSSのモジュール管理の
ページは、中・大規模サイトを設計するときには非常に参考になると思います。

5年ほど前から運営している個人サイトを一つ持っているのですが、
肥大化してくっちゃくちゃになってきてたので、この本をもとに
再構築しようかなと思ってます。
| 金太郎 | 13:17 | comments(0) | - | pookmark |
Flashデザインラボ -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニックを読んで
 デザインラボ表紙


Flashデザインラボ -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック (Design Lab+ 1-2)

う〜ん久しぶりに購入して大失敗だった本ですね。
まあ私のスキルがFlash始めたばかりで足りないってのもあるのですが、
現時点ではあまり参考にならなかったし非常に読み進めにくい!

まずこの本の一番の問題点としてAS2とAS3が混在していること
この本の基本構成は大枠でみると

前半にFlash CS3とAS3の基本編
後半にFlashで作られたサイトの実例集である実践編

となっているのですが
前半部分はまだ良いです。

問題は後編です。
基本編を読み、さあ実践編でFlash CS3とAS3でのサイト制作方法を
学ぶぞ!と思い見てみると一つ目のサンプルがAS2の物で面食らいます。
「なぜ?前半のAS3の前置きはなんだったんだ」と戸惑いつつ
次のサンプルを見てみるとまたAS2、次もAS2、その後でようやくAS3のサンプルが三つ
続いてまたAS2って感じでまったく統一感の無い構成で読んでいてイライラしてきます。
しかも文中にAS2で作られた物かAS3で作られた物かはっきり表記していなく
ファイルを開いてみるまで分からないサンプルもあるのでますますイライラします。

デザインラボ使い方
※実例のタイトル部分にバージョンを表記しておくと多少見やすくなるかも


もう一つの問題点は、コードが記述されている部分の背景の処理

コードが記述されている部分のバックに細かいドット網が敷かれているのですが
これが読むのを拒むかのように非常に見にくい!!

デザインラボコード部分

読み手の事を考えずにデザインコンシャスになりすぎて
読みにくくなってしまった典型例ですね、色校したの?と聞きたくなります。

フルカラー本としては、定価1,800円+税という安さに惹かれて
私は購入してしまいましたが、やはり失敗でした。

他の方にはおすすめ出来ない本です。
| 金太郎 | 16:45 | comments(0) | - | pookmark |
携帯サイト コーディング&デザインを読んで
 携帯サイトコーディングデザイン

携帯サイト コーディング&デザイン

携帯サイト制作のツボを押さえた良書

業務で初めて携帯サイトを作ることになり
参考書籍をと思い、探していたら
こちらの本が、amazonレビューでも好評だったので
購入してみました。

さすが五つ星が付いてるだけあって内容は素晴らしいですね
著者はフリーのマークアップエンジニアだけあって、
非常に実践的、現場ですぐに活用できるものばかりです。

文章も必要なことを簡潔にというスタンスで、しかもオールカラーなので
見やすくサクサク読み進めていく事ができます。

携帯サイトコーディングデザイン中面

またガラパゴスケータイと揶揄されている日本の携帯サイトの問題である、
キャリア間の絵文字・画像・CSSの互換性を効率よく保つことが出来る
プログラムのコード(PHP)も、
自分の環境に合わせちょっと設定を変えるだけで
使えるものだし、すでにhtmlで構築してしまった人の為にSSIでの利用方法も
記載されているのが制作現場の事わかってるなーという感じでにくいです。
ここまで気が利いてる本ってなかなか無いですよ。

PCサイトは、作ったことがあるけど携帯サイトは初めての方や
キャリア間(docomo、au、 softBank)の互換性に悩んでいる方に
おすすめの一冊。

| 金太郎 | 12:41 | comments(1) | - | pookmark |
Adobe CS3 Web Premium EssentialBookはなかなか便利
Adobe CS3 Web Premium EssentialBook

Adobe CS3 Web Premium Essential Book Macintosh & Windows

CS3から追加された新機能確認用にちょっと前に購入した本ですが
意外にちょくちょく役にたってます。

CSシリーズの良さって、パッケージ内のソフトで作成したファイルの連携のしやすさだと
思うのですがいくらファイル互換性が高いといっても、やはり適切な設定・書き出しを
してやらなくては最適な状態で開くことは出来ません。

普段から使い込んでいるソフト間では、頻繁にやりとり(illustrator→Photoshop→Dreamweaverへなど)
してるので覚えているから問題ないのですが、CSみたいに馬鹿でかいパッケージになると
どうしても普段の業務では、あまり使わないような(私の場合ではFlashやFireworks)
目の行き届かないソフトが出てきます。

adobe cs3 web premium 目次

そのようなソフトをたまに使用する機会があり、
「あれ?このファイルどんな設定で書き出せば綺麗に読み込めたっけ?」という
場面で上記写真に載っているようなページが役に立ちます。
web検索や単体ソフトのリファレンス本をあれこれ引っ張り出して調べなくても
CS3 Web Premium内のすべてのソフト間の連携がまとめられているので
これ一冊読めば分かるのが便利。

また単体ソフト本ではあまり記載されていない、というかCSのおまけソフト的な
Device Central、Contribute、Version Cue、Adobe Bridgeの利用方法についても
さらりと紹介されているのもGood。

| 金太郎 | 11:02 | comments(0) | - | pookmark |
ActionScript3.0プログラミング入門を購入
以前記事に書いたFlash Catalystβ版の配布がいよいよ始まりましたね。
私の方は、相変わらずFlashはまったくさわっていない状況なんんですが、
最近のadobeは、Flash PlatformでのRIA開発を猛プッシュしてるし
おそらく次期CS5では、mxml+actionscript3での開発のしやすさを
より強調したアップグレードになると思われるので

これはホントにそろそろActionScript3の事も勉強しとかないといかんな〜、というわけで
足がかりにまずこの本を購入しました。
ActionScript3.0プログラミング入門

ActionScript 3.0 プログラミング入門 - for Adobe Flash CS3
2,940円(税込)

前回購入したJavaScript&Ajaxレッスンブック とは違い、多くのamazonレビューもあり
おおむね好評だったので、今回は安心して購入できました。

パラパラと目を通してみたのですが、非常に分かりやすく解説されてますね。
教科書といった感じです。
他のプログラミング言語が出来る方が読むと
少々退屈に感じてしまうほど一つ一つ丁寧に説明されています。
ActionScript3は難解だとよく言われていますが、それを感じさずに
読み進めていくにつれて少しずつ理解が深まっていくような
無理のない構成になっていますね。

ActionScript2から3になった際かなりの仕様変更があったようなので
私の場合は、今までヘタにFlashをさわっていなかったのも良かったのかもしれません。

ActionScript3.0中身
基本的にFlashCS3を使う事を前提としての解説となっていますが、
最後の章では、「Flex SDK」について(バージョン2)の紹介もさらりとしてあり
よりディープにActionScript3で開発していきたい人には足がかりの一つと
なるのではないでしょうか。

※それにしても最近のadobeは、Dreamweaverのことちょっと忘れてるような・・・
Adobe DeveloperBoxにDreamweaverが含まれていないし
Developer Connectionでの記事もAIR・FLASH・FLEXで持ちきり・・・
Dreamweaver好きとしては、ちょいと寂しいですね。
| 金太郎 | 15:54 | comments(0) | - | pookmark |
JavaScript&Ajaxレッスンブックを読んで
 javascript&Ajax表紙

最近では、jQuery・Prototype.jsやDreamweaverのGUIで操作できるSpryなど
便利なライブラリがあるおかげで、JavaScriptに精通していなくてもその多彩な
機能・表現を手にすることが出来きます。

かく言う私もバリバリ仕事でも使っていてJavaScriptライブラリの恩恵を
受けているわけですが、使っている内に

「ここの部分、もう少しコードを追加してカスタマイズ出来れば
望み通りの表現が出来るんだけどな〜」

とか

「他のAPIと組み合わせれば、もっと便利になるのになぁ」

などだんだん欲が出てきます。

これらの事を実現するには急がば回れ、やはりJavaScriptの基本から勉強しなくては
と思い。Amazonで書籍検索してたらこちらの書籍タイトルが私の求めている内容と
ピッタリ合致したので、中身見てないしレビューも一個も付いていなかったんですけど
迷わず購入しました。
ジャケ買いならずタイトル買いですね。

javascript&Ajax中面

JavaScriptの基本構文からDOMの操作方法、
XMLHttpRequestオブジェクトやJSONによるサーバ通信の基礎など説明、実例と
かなり広範囲をカバーした内容となっているのですが、うまくまとまってます。
よくこのページ数でまとめたなぁと読んでて感心しました。

この手の本でよくある基本編はしっかり解説して分かりやすいのに
後半になるといきなり難解になり解説もなく不親切ということも無く
最初から最後まで同じテンションで分かりやすく解説してくれています。

Dreamweaverやライブラリを使ってJavaScript機能は、使っているけど
JavaScriptプログラミングは初心者って人がより深く学んで行くときの
始めの一冊におすすめ。
2,310円

| 金太郎 | 12:00 | comments(0) | - | pookmark |
久々のデザイン書購入 [DM<ダイレクトメール>のデザイン]
 DMデザイン
ショップアイデンティティシリーズ VOL.3 DM〈ダイレクトメール〉のデザイン (ショップアイデンティティシリーズ)

デザインが本業なのにここ最近
取り憑かれたかのようにWEBプログラミン系の本ばかり
買いあさっている状況で

「これはいかん!偏ってる、書の偏食状態だ!」というわけで
久しぶりにデザイン書を購入しました。

書籍の内容は、アパレル・飲食・インテリア・雑貨・美容院等業種の
DMデザインの事例集です。

DM中面

DMってなかなかアイデアソースを入手しにくい物なので
一冊の本で様々な事例を一度の見ることができるこの手の本は
制作者としてはありがたいですね。

構成はビジュアルメインで、説明は店名と制作に携わった人の紹介を合わせて
2・3行でさらっと

DMと一口に言っても、デザイン・形・加工は、さまざまなので
一般の方には画集的な楽しみ方でも読める内容かも

小さな紙媒体にかけるデザイナーやディレクターの情熱が垣間見える一冊。3,800円
| 金太郎 | 11:14 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

LINKS

FASHION
モノ・マガジン オンライン
モノマニア
PC
Apple Store
ソニースタイル
マウスコンピューター
ioPLAZA
LicenseOnline Adobe製品ストア

FURNITURE Recommend

SOHO家具オンラインショップ Garage All About スタイルストア_クリスマス特集 MoMAオンラインストアジャパン

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode